ストレスチェックについて

047-364-4127 メールでお問い合わせ

ストレスチェックについて

  • ホーム
  • ストレスチェックについて

問題解決型ストレスチェックってなに?

image

労働安全衛生法の改定にもとづいて「ストレスチェック制度」が制定されました。平成27年12月から実施されています。従業員自身のストレスの度合いへの気づきを促し、働きやすい労働環境を作る(一次予防)ことを目的にしています。
基本的には、事業者(企業)、ストレスチェック制度担当者(企業内)、実施者(医師、保健師)、実施事務従事者(調査票の回収・データ入力)の構成になっています。
実施者の主導で、事業者内に制度担当者を設置し、実施事務従事者がチェックを実施し、結果を実施者が判定し、結果を個人および、部署別のデータを通知するという仕組みになっています。

詳しくは、「こころの耳」働く人のメンタル・ポータルサイト
http://kokoro.mhlw.go.jp/etc/kaiseianeihou.html
をご覧ください。

参考図書

『日本で一番やさしい・職場のストレスチェック制度の参考書』/石見 忠士著、労働調査会出版
『はやわかりストレスチェック制度』/吉野 聡著、ダイヤモンド社

東京ストレスチェックセミナーのストレスチェック

image

職場のストレスの問題は企業経営にとって、大きな損失につながる恐れがあります。社員がうつ病になってしまった場合、休職中の給料、欠員による現場の負担増、穴埋めのための人材採用コストなど、そこから生じるロスは侮れません。最悪の場合、訴訟になり「ブラック企業」との評判が立ってしまうことも。そうなれば事業拡大のために採用募集しても、人材が集まらなくなってしまいます。

しかし、反対に職場のストレスをきちんと把握し、その改善に取り組んだとしたらどうでしょうか。損失につながるさまざまなリスクを防止できるだけでなく、個々の社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるようにもなり、「生産性の向上」「企業ブランド価値の向上」といったポジティブな影響がもたらされることになるでしょう。ストレスチェックを行う意義は、まさにその点にあるのです。

東京ストレスチェックセミナーではストレスに対して健全な職場環境を作り上げることに重点を置き、「やって終わり」のストレスチェックではなく、高ストレス者へのカウンセリングや経営効率化につながるストレス改善コンサルティングに至るまでワンストップのソリューションを提供。医学的エビデンスや各種KPIに立脚した検証性のある改善プログラムで企業経営を支援していきます。

東京ストレスチェックセミナーのストレスチェックによって得られる効果の一例

Case01打たれ弱い社員に対してどの様に接すればよいのか分からない

まず、具体的な状況を把握します。医療で言えば、診察と検査です。職場の人間関係、個人と仕事の作業内容・責任・仕事量、個人と会社全体などの側面から、起きている現象をヒアリングし分析します。分析し、原因となっている要素を推測します。
そのような問題が、類似例として潜在的に社内にあって、それが比較的大きな要素と判断され、改善することによって効率化が促進されると判断された場合、質問項目を策定します。

ある従業員は、まだ職場経験が浅くて、作業内容がよく理解できずにいたため、注意されると、落ち込んだり、できない自分を責めたりしていました。当然、作業能率は低下していました。
このケースの場合、「作業内容がまだよく飲み込めていないストレスがある」とか、「分かりやすい作業マニュアルがあればもっと速く仕事がはかどる」という質問項目を作ればよいのです。
実施結果で、そのニーズが大きければ、具体的な策定に着手します。

Case02社員の仕事に対する意欲が感じられない

具体的に状況をヒアリングし把握すると、意欲が感じられないというのは、上司から部下を見ての「感じ」であって、本当に意欲があるのかないのか不明でした。

そのプロジェクトの話を聞いているうちに、プロジェクト内での、全体的な進捗状況の情報共有、個々のタスクとその優先順位の明確化と情報共有が不十分なのではないかという結論に達しました。
それで「自分のタスクに関わる情報共有は十分である」「自分のタスクの位置づけが理解できている」という質問項目を設定することになりました。

この調査の結果、高得点である部署に対して、全体のタスクの明確化と個人のミッションが明確になり、仕事が効率的になりました。
人は、目の前に、具体的な目的「何のために」、具体的な行動内容「何を、どのようにやるか」が示されていると、行動しやすくなります。

他にもこんな実績があります!相談実績をみる